横浜暮らし1年生

田園都市線沿いに3年間暮らすことになりました。横浜を中心とした新しい生活になじめるかな?

スポンサーリンク

「等々力渓谷」東京・世田谷区の癒しの場所。2018年ゴールデンウィークお散歩記録♪

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

f:id:honeysuckle01:20180503201940j:plain

大井町線等々力駅から徒歩三分。新緑美しい等々力渓谷を歩こう

 ゴールデンウィーク前半に、職場の人から勧められた等々力渓谷を歩いてきました。

「息子と一緒に散歩するならどこがいい?」と聞いたら、家族連れで「等々力渓谷」を訪れて、とても良かったということでしたので。まあ、息子にはランチ行こうとか、スマホケース買いに行こうとか言って釣ったんですけどね(笑)さすがにただではついてこない年頃ですから。(笑)

田園都市線は、土日だけ、大井町線に直接乗り入れしている急行があるんですが、私どもはのんびりと普通電車に乗り、溝の口駅から大井町線に乗り換えて座って行くことができました。

f:id:honeysuckle01:20180503200856j:plain

 等々力駅を出ると、すぐに、等々力渓谷を指す表示がありますので、それに沿って大通りに出ると、人が流れ込んでいく道がありますので、一緒について行くといいです。駅からは本当に近くてこんなにすぐに到着していいのかしら、と思います。

等々力駅は、かなりのんびりした雰囲気です。しかし、みなさん、等々力渓谷に向かうには、素敵な装いで、眩しいくらいです。駅舎もなんとなく可愛らしい。改札を出てすぐ左に進みます。

渓谷というからには秘境の地を思い浮かべますが、ホント、アクセス便利です。ただし、足元はサンダルより(まあサンダルもギリギリOK)スニーカーの方をおすすめします。

はい、これが、駅を出てすぐ、公衆手洗いの前にある車止め。この通りに行きます。

f:id:honeysuckle01:20180503202452j:plain

 大通りは、お店も適度にありますから、お腹がすいたら腹ごなししていくといいと思いますが、どちらかと言うと、隣の尾山台の方がランチに適したお店が多そうだったので、私どもは、等々力渓谷を楽しんでからそちらに向かうことにしました。

 

涼しくて夏も楽しめるはず。等々力渓谷の魅力

通りに出ると、成城石井等々力店が見えます。バス停は、等々力商店街。成城石井側に渡ります。ここで水分補給にペットボトルを調達するのがいいですね。

成城石井の向こう側に大ケヤキがあるのですがそこが等々力渓谷の入り口です。

f:id:honeysuckle01:20180503204733j:plain

 

この大ケヤキは世田谷区の保存樹木とされています。

見上げると、ケヤキに大きなサルノコシカケが・・・!風が吹くと、葉の揺れる音が聞こえてきます。

f:id:honeysuckle01:20180503204745j:plain

 少し進むと、1枚目の写真にあるような等々力渓谷入口の看板がありますので、階段を降りて、川面に近いところへ降りることができます。

降りたところの、この赤い橋はゴルフ橋と呼ばれるものです。昔、このエリアにゴルフ場があったからなんですって。でも、今は完全に住宅街と化しています。

f:id:honeysuckle01:20180503204318j:plain

このゴルフ橋の下は柵があります。でも、この先すれ違う人と道を譲り合う狭さになりますが、しばらく手すりなどなくなる区間がありますので、ぶつかると川(谷沢川=やざわがわ)へ落ちることに。スマホやカメラなどを落さないように気を付けてくださいね。崖に生えたシダなど、新緑とともに楽しみながら進みましょう。

 

カモちゃんたちが泳いでいます。これは一応、谷沢川の水面です。このときは水が少な目でしたし(ネット上のガイド等の写真と比較して)、水質は、あまり良くないと思いますが、下流に行くにつれて改善されているそうです。途中、しみ出すような湧き水が見られる場所があり、谷沢川へ流れ込んでいます。

f:id:honeysuckle01:20180503205025j:plain

 

環ハ通りの下です。この先、上に行ける階段があり、イタリア料理店の看板があります。日常と非日常があっという間に切り替わる、不思議な空間だなと思います。

f:id:honeysuckle01:20180503205047j:plain

ここは少し川の深さがあり、魚らしきものが横切りました。

 

しばらく歩くと、古墳がありました。古墳といえど、お墓なので写真は遠慮しました。等々力渓谷3号横穴古墳と呼ばれるもので、入口がガラス張りになっていて、内部に照明が当てられています。

埋葬された場所の様子が外からよくわかりました。同じくらいの大きさの石が敷き詰められていて、ほぼ完全な姿で見つかったそうです。ここには3人の人が埋葬されていたとのこと。近くに野毛大塚古墳がありましたが、これはまた次回に立ち寄ることに。

稲荷大明神稚児大師御影堂などがあり、散歩途中の休憩地点ぽくなっています。お年寄りの姿も意外と多いです。歩道のアップダウンは少ないですが、沢まで降りたり登ったりすることと、出ている石につまづかないようにするのが大変かも。

参拝する前に、喫茶店が目に入ったので、ちょっと立ち寄ることにしました。

f:id:honeysuckle01:20180503205113j:plain

 

 甘味処「雪月花」のあんみつ・ほうじ茶付きです。

入口で注文して番号札を受け取る形式です。外または中の席が選べます。中は窓際席がいいです。外の景色が綺麗なので。

 「どれが一番はやくできますか~?」とお尋ねしたら、あんみつ、とのことで選びました。とても甘かったですけど、ちょっと疲れた体には甘さがしみわたるようで元気になりました。

ちなみに夏はかき氷もやっているそうで、賑わうみたいです。

f:id:honeysuckle01:20180504085847j:plain

 

f:id:honeysuckle01:20180504085939j:plain

 

そして、雪月花の横の階段から、上へ登ってみると、等々力不動尊でした。新緑からの木漏れ日がとても風情がありますね。いい天気だし、風も爽やかだし、澄み切った心で参拝いたしました。

f:id:honeysuckle01:20180504090119j:plain

等々力不動尊の一角に、等々力渓谷を見下ろせる展望台がありました。

今歩いてきたところが、すぐ下の、新緑の間から見えます。いい眺めです。

f:id:honeysuckle01:20180504090127j:plain

この後、10分弱歩いて、尾山台商店街でランチをいただいて、尾山台駅から帰りました。二子玉川に立ち寄り、ライズで息子のスマホケースを購入したのですが、あまりの人の多さに、さっきの静寂な雰囲気がうそのようで、何か夢の中を歩いてきたような気分になりました。

この日の歩数計は、トータル7500歩、4.9キロ。家から最寄り駅までの距離も含んでのことですが、意外と歩いてないですね…

それくらい、等々力渓谷は、気軽に行けるということだと思います♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村