横浜暮らし1年生

田園都市線沿いに3年間暮らすことになりました。横浜を中心とした新しい生活になじめるかな?

桜新町駅の長谷川町子美術館へお散歩♪(1/30は長谷川町子さんの誕生日)

f:id:honeysuckle01:20180128235530j:plain

イイ感じの街並み・桜新町

良く晴れた日曜、田園都市線桜新町駅から歩いて10分ほどの、長谷川町子美術館へ行ってきました。

ブログに横浜のタイトルをつけていながら、世田谷区の記事で申し訳ないのですが、世横浜1年生は、徐々に周りが見渡せるようになり、行動範囲も広がってきました。

サザエさん通りと名付けられた駅からほど近い商店街を抜けたところにある長谷川町子美術館。しかし、このサザエさん一家のブロンズ像がある交差点をわたって商店街の方へ進むべきところをそのまままっすぐ歩いて、全く違う方向に進んでしまいました。

美術館は一丁目なのに、迷い込んだ場所の電信柱の表示が二丁目。(・Д・)

でも、品のあるレストランやこじゃれたお店が点在していて、ぜひまた別の機会に来たくなるようないい~感じの街並みでした。

グーグルマップを見ながら進んだため、もう一度商店街に戻ってきたころには、スマホのバッテリーを消費してしまい、美術館の外観を取る前に電池切れ。美術館は、雰囲気ある住宅街の中にありました。美術館の周りをサザエさんたちが取り囲んでいます。ああ、撮りたかったなあ。 

www.hasegawamachiko.jp

サザエさん家の模型がナイス

とくだんすごいものが飾ってあるわけではないけれど、ほっとする空間で、割と多くの人が来館していました。

印象的だったのは、噂に聞いていた、サザエさん家の模型。会社の人はジオラマがいいよ、と言っていたのですが、ジオラマというか、半畳ほどの台に載せられた精巧な家の模型です。思っていたよりサイズは小さい。

でも、その小さな模型に、テレビで出てくるお部屋がしっかり再現されています。

廊下をはさんで、子ども部屋、フグタ親子3人の部屋があり、その奥が食事を取るテレビの部屋と、廊下の向いがお客さんの部屋。そのさらに奥にフネさんと波平さんの部屋。そして、キッチンには、三河屋さんがやってくる勝手口もしっかりもうけてありました(笑)

部屋は、廊下をのぞくと、5K+バス+トイレ。お庭はぐるり余裕で一周可能。広さにして、100坪はくだらないハズ!! ゆとりの平屋です。今の東京で、庶民がこんな広さの土地を求めるのは難しいでしょうね。

展示品は少なく、サザエさんでぎっしりの空間を求めておられる方にはちょっと残念かも知れません。

(その代わり、今回の展示では、横山大観の作品などを堪能できました。学校の夏休み期間には、アニメ展をやるみたいなので、そこならフジテレビのいつものサザエさんを身近に感じることができるかも。)

  

サザエさん復刻版は、戦争が終わったあとの日本の様子が伝わってくる 

サザエさんのアニメを流しっぱなしにしているコーナーに、サザエさんの漫画の原版が展示されていました。

長谷川町子さんがどんなふうにサザエさんを生み出してきたのかを壁に掲げた漫画に記されているのが面白いのです。

西日本新聞で連載をしていたのを切り上げて、東京に引っ越し。引っ越しまでのエピソードもワクワクさせられますがそれはどうぞ現地でぜひ。

上京後、サザエさん単行本を発行したものの、サイズがB5判だった一巻目は売れず、書店にサイズが変だと言われる始末。

二巻目になってヒットしたため、またたくまに、倉庫に積んでいた返品の一巻目もはけてしまった、というお話しでした。

これと同じものの復刻版を長谷川町子美術館で読むことができますが、イキイキとした四コマ漫画です。時代が戦争の後のため、引き揚げてくる兵隊さんなども描かれているのですが、とても明るく、戦争が終わって復興の勢いが伝わってきます。

 

今のサザエさんの絵に比べると、全然雰囲気が違いますよね。画風が変わったので、前の作品をニセモノだと言われたとのエピソードが美術館に描かれていました。

 

売店で買ったサザエさんグッズ

いつも職場にお弁当を持参しているので、これを買いました。サザエさんのガーゼハンカチ。もっとしっかりした風呂敷包みもありましたが、お弁当の下に敷いて食べるのにちょうどいいサイズだったんです。

この柄は一部なのですが、サザエさんたちも描かれています。

f:id:honeysuckle01:20180130042258j:plain

 

下は商店街とのコラボ品らしいのですが、ミニトートバックです。お弁当を入れて行くために買いました。裏に桜新町のローマ字表記が(笑)

f:id:honeysuckle01:20180130042603j:plain

 

帰りに、カフェサザエさんに立ち寄りました。

正しくは、リアン・ドゥ・サザエさん

lien-de-sazaesan.com

美術館の入場券の半券を持っていくと、飲み物を50円引きしてくれます。店内は、ほぼ席が埋まっているくらい人気でした。

サザエさんの音楽をおしゃれにしたような不思議なBGMがかかっています。私は、店内で甘酒を飲み、持ち帰りで、サザエさん焼を注文。チョコクリームと餡を2個ずつ。

f:id:honeysuckle01:20180130043302j:plain

ちなみにこのサザエさん焼、期待していなかったのですが、かなり美味しい。モチモチして、冷えてもとても美味しいです。150円という価格も妥当で、かなりボリュームもあります。美味しかったなあ~

結構、満足しました。このお店オリジナルのグッズもありましたよ。

 

夏のアニメ展、子連れでもう一度行きたいです。

この記事読んで興味を持たれた方、本日1月30日は、長谷川町子さんのお誕生日なので、入館無料なんですよ~!