横浜暮らし1年生

田園都市線沿いに3年間暮らすことになりました。横浜を中心とした新しい生活になじめるかな?

7月30日は横浜市長選ということで、封書が来たよ。市民として初投票。

f:id:honeysuckle01:20170720235958j:image

おお、横浜市民を意識するイベントがやってまいりました!

 

私、横浜に住んでまだ3か月くらいなので、今回は投票できないと思ってたんです。だから、慌てて候補者の顔を検索しました。

 

ツイッターで簡単にまとめてくださっている方がいらしたので、サイトに貼ります。

 

 

今回、立候補されているのは、

 

伊藤ひろたかさん

林文子さん

長島一由さん

 

の御三方だそうです。

 

今の横浜市長さんって女性なんですね。

(それさえも知らないでいました)

 

横浜って、カジノができるんですか?

カジノは、争点の一つかも知れないですが、メインにしないで欲しいなあと切に願っております。

私はギャンブル系はすべて好みではありませんので…そういうものはすべてなくなって欲しいと思っているからです。まあ、現実的ではない話かも知れませんが、それよりも、日々の政策に注目したいところです。

 

給食に関しては…

私の考えですけど、自治体ごとに異なるというのがなんだか納得いかないんですけどね。同じ日本の国に住んで、義務教育は9年間通うことになっているし、仕事もして税金も払っているのに、どの町に住むかで給食のありなしが決まるというのは、不思議な感じがします。

 

学校給食法で、給食給食に関しては、義務教育諸学校の設置者は実施するように努めなければならない、とされているんですけどね。でも、「努力」でしかないんですよね。

<学校給食法>

http://www.houko.com/00/01/S29/160.HTM

私はいっそのこと、国が全部面倒みてくれたらいいのに、と思うんです。給食費もですよ。未納問題もなくなりますし。
ばらまきで、はした金を配るようなことをするくらいなら、義務教育の期間しっかり給食が与えられる方がよほど健全だと思いますけどね。

私が以前、しばらく住んでいた京都のある町では給食がなく、「親の愛情こもった弁当」という都合のいい言葉にすり替えられ、お弁当を作り続けましたけど、朝からお弁当づくりがなければ、もう少し早く家を出て仕事に行けるのに、と思いました。夏は、傷むのも心配なので、食材を考えたり冷やしたり色々工夫が必要です。

子育て、仕事、親の介護など、さまざまなものが一度にのしかかり、今の子育て世代は大変です。給食の支援があれば、安心して子どもを送り出して、朝から仕事をして税金も収められると思いますけどね。

フルで仕事をしていたときは、朝7時に家を出ていましたので、給食があればなあ~と本当に思っていました。それでもお弁当、作っていましたけど。

(今は義務教育終わりましたけど、朝から弁当作ってます。終わらないです。笑)

 

話は元に戻り、

市長選お一人に決めるとなると難しいですね。

 

しかし、清き一票、横浜市民として投じてきたいと思います。

 

 

トレンディエンジェルのさいとうさんだぞっ!

ちょっとカッコよく見えます。