横浜暮らし1年生

田園都市線沿いに3年間暮らすことになりました。横浜を中心とした新しい生活になじめるかな?

二子玉川のムーミンショップに立ち寄るのが楽しみになりそう

f:id:honeysuckle01:20170627083131j:image

moomin.co.jp


田園都市線沿いにムーミンショップがあると知って、嬉しくてスグ行っちゃいました(^^)

 

毎日電車で通過するのに、私まだ二子玉川駅で降りたことなかったんです。二子玉川は言わずと知れた高級住宅の集まる地区ですね。

 

でも、田都沿いにいつもこの景色を見ながら、京都の宇治川とか桂川にそっくりな景色を思い出して、なんとなく庶民的な感覚にもなり、笑っちゃう。f:id:honeysuckle01:20170627090400j:image

でもこの景色好きだな。

 

話は戻りまして、ムーミンショップは、二子玉川駅改札をおりてすぐ、二子玉川ライズのドッグウッドプラザ2階にあります。

 

ちなみにムーミンショップはここだけでなく、他府県にもありますが、二子玉川の店はカフェも併設されていますよ。

 f:id:honeysuckle01:20170627091127j:image

店員さんやお客さんが映りこんでいたので、ぼんやりした写真ですみません。

お客さんの年齢層は、私と同じくらいの人もいますが、どちらかというと、サンリオショップにいるような若い世代の子の方が多く、ちょっとためらいつつ入店~。

 

私と同じ世代の人は、ひとりでは来ず、お子さん連れでした。OLさんぽい人もいました。お母さん世代の人は、お子さん用のムーミングッズを買いつつ、ご自分のもカゴに入れておられました。なるほど、親子でファンっていいね。うちは、ダンシだからなあ~。

 

グッズ雰囲気傾向としては、派手な色や原色のものは殆どなく、花柄や淡い色合いで、さりげなく持てるようなカバンやポーチのラインナップです。

 

私は新しい職場で使うマグカップを買いました。マグカップは、場所を取らない安定したものをチョイス。

ミイ、時計、カーテン、逆立ちのムーミンが描かれています。 

f:id:honeysuckle01:20170628082131j:image

デザインは、どちからというと、花や植物がモチーフになっているものが好きなのですが、マグカップのタイトル「はじまり」というのが今のシチュエーションにぴったりだなーと思いまして(^^)

 

ほかにも北欧フィンランド製で有名なアラビアのマグカップは、デザインも色合いも可愛いくて、少し予算をアップすれば手が届く価格です。ムーミンの癒やし顔を眺めつつ、お気に入りのを休日に使うなら楽しめそう。

 

イッタラ製のガラスコップもありました。ガラスのは使ったことがないのですが、イッタラの薄い陶器のコップがうちにあります。

飲み口が心地よくてコーヒー☕️がとても美味しく感じます。よく工夫されてるなと感じてます。北欧の食器が人気なのはデザインもさることながら、こうした理由があるのでは、とおもいます。

 

ともかく、お初のマグカップで味わうコーヒーが楽しみなんです。

 

グッズは色々ありましたが、水筒が可愛いと感じました。価格もお手頃。文具も大人が使っても良さそうなデザインのものがありました。

 

実はわたし、この日はカフェに入るつもりで来たんです。ムーミンの膝掛けが用意してありステキなのですが、店舗の中にあって仕切りなしなので落ち着かず、平日の日中に出直すつもりです。

 

若い子たちが数名、お喋りに花が咲いてました(^^)