横浜暮らし1年生

田園都市線沿いに3年間暮らすことになりました。横浜を中心とした新しい生活になじめるかな?

40代主婦が派遣会社に登録して東京で仕事を得るまでの話

f:id:honeysuckle01:20170613181750j:plain

 40代の主婦です。横浜生活のくいぶちは自分で稼ぐことにしました。

横浜で暮らしているのは息子の進学に私がついてきたからです。

夫は離れて京都の家で義母と暮らしていますが、家のローンと生活で精一杯ですから仕送りはありません。横浜の生活は私が稼ぐから子どもを希望の学校に行かせて!と宣言しました。なので、フルタイムの仕事を探すことになりました。

 

筆者(40代・主婦)のこれまでの職務経歴

経歴なんてたいそうなものはありません。この記事を読んで、もし同じように仕事探しを考える40代主婦がいればと思い、参考までに、これまでの経過だけ書きます。

関西の私立大文系学部卒、中小企業の会社員・PR課で7年就業。出産退職後、教職に就くために専攻科へ1年入学、教職に就いたものの、3年で婦人科系の病気にかかり手術・療養のため退職。

義両親の重病や子どもの病気もあり、その後は時短や非正規の仕事で6年過ごしてきていました。フルタイムでの教職の復帰も考えなくもなかったですが、時間的・体力的に非現実的だったと思います。

時間に融通が利く条件で、パートで事務、介護職、教職、採点。請負で、ライターや調査など、色々やりました。また、細々とネット収入もありますが、生活を潤すほどの稼ぎではありません。

あと、雑談苦手なコミュ障なので、サロネーゼなどは考えられません。

 

子育て中の40代主婦の就職は、自分の希望だけでは決められない

横浜に来る前、京都にいるときは、自分と同世代のご近所ママさんと話していると、パートやアルバイトとして、京都の最低賃金で働いている人も多くいました。

「技術」がないと、いくらでも代わりがいる、「その他大勢」の職にしかつけない、というのも事実ではありますが、

本当はママ友たちも、本気で就活して、そこそこ高い賃金を得られる職場に就職しようと思えばできると思います。ただ、子育てや家庭のため、あえて、定時で帰れて、子どもが熱を出してもすぐに帰れる近所に職場を持つ、という人が多かったです。

実際に、私が仕事をはじめると、義父が悪くなり、長い闘病の末に亡くなったのですが、結局職場に迷惑をかけられず退職せざるを得ませんでした。伴侶が末子であれば、40代でも子育てと介護が同時にかぶってくるのです。

 

f:id:honeysuckle01:20170613182513j:plain

一方で、このあたりの考え方は子育てママの中でも二極化していて、逆に、介護等の問題をお金で解決するためには自分が稼ぐしかない、と40代になって看護師免許を取得して正看で働きはじめた人も身近に2人知っています。

 横浜に来るにあたって、義母のことが一番気がかりだったのですが、この先、介護することになり、収入なくして共倒れになる方が怖いと思いました。東京でしかできない仕事をすることで、何か手に職をつける最後のチャンスだと思ったんです。といっても、だいぶ、遅いのですが。京都へ帰っても、働ける仕事がしたいと思いました。

 

東京で40代主婦が働くことを経験するため、派遣会社に登録。なぜ派遣なのか?

もちろん、仕事をするにあたり、正社員としてきちんとした身分を確保できるほうがいいとは思います。ただ、私は結婚後は、家庭の事情で職歴が多く、じっくり腰を据えて働いたことがありませんので、正社員としての就職には年齢はもちろん、こうしたことがハンデになると思い、最初からそこは外して考えました。

もしかしたら正社員の仕事も条件を広げて真剣に探せばあると思いますが、正社員になると責任も重く、時間きっちりに終わることが難しくなります。そうなるより、時間どおりに退勤して、あとは副業をしたいと考えました。子育てもまだ終わっていませんので。

そして、もうひとつ、派遣で仕事をすると、仕事の範囲が決まっているので、それに集中することができるというメリットがあります。

直雇いだと、雇用主が仕事の範囲を広げて押し付けてくる可能性があるのです。

前職で、私は請負で在宅仕事をしていたのですが、その雇用主が、週一回半日だけパートで出勤して手伝って、と言ってきました。ところがいつのまにか働いていた人が減り、パートの時間を越えて、事務と営業とをせざるを得なくなり、シフトが休みのときは新規の外回り、そのうちノルマまで課せられました。

 

子どもの進学の準備があるので、さすがに退職させてもらいましたが、辞めると言ったときの雇用主の悔しそうな様子、そりゃこの条件で働く人なんていませんからね。

 

こんな暴君はあまりいないと思いますし、極端ですけど、もしブラック企業に出会っても、派遣会社を仲介していれば、直雇いより比較的辞めやすいと思います。

 

派遣会社で、40代主婦が東京で仕事を探すにあたって、登録した資格と条件は?

 派遣会社には複数登録しましたが、仕事の条件は、こういうものでした。

  • 実務経験なしでもTOEIC700~からスタート可能な英文事務
  • 英語は喋ることより、読み書きメイン
  • 時給最低1600円、でも希望は高ければ高いほどいい 
  • 横浜は時給が若干下がるので、田園都市線で通いやすい都内

業界は、体質がブラックで知られているような所は避けました。

英語は事務での実務経験はありませんが、コツコツ続けていた英語学習でTOEICは700点後半です。留学経験はホームステイ程度ですので会話はたどたどしいです。

英語の仕事は40代実務なしで仕事を得られたとしてもいきなり即戦力になるほど甘くないと思います。「英語」だけでは食べて行けないことも知っています。でも、東京の求人は次から次へと出てきます。何かご縁があるでしょう。

実際、TOEIC500〜くらいからできる仕事もありました。

 

 それから、資格は取るだけ取っていても、損はないなと思いました。

ずっと求人票をおっかけていたら、実務経験がなくても、下記の資格があれば仕事が得やすいことが分かりました。

 

簿記3級(できれば2級)

簿記の資格だけある人が、ヘルプから入って社員や契約社員になれるという仕事の案件がたくさんありました。

また、会計ソフトの使用経験だけでも可というのも見ました。やよい会計なら触ったことある、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

経理の仕事は、年齢が高くなっても、引く手あまたということがよく分かりました。50代でもOKとか、定年後もOKの求人も数多く出ています。しかし、残念ながら、私には簿記の経験がまったくありません。

勉強をすれば、自分の生活のうえでも役に立ちそうなので、これから先、触れてみたいですね。実際、確定申告でも毎年、四苦八苦していますからこれがスムーズになるだけでもね。

 

CAD

CADは年齢が高くなっても、「使ったことがある」とか、「スクール卒」だけでもOKという求人がたくさんありました。もちろん実務経験者は時給も高いです。

また、若い人や理系の出身なら、CADのスクール料金がただになる上、仕事も提供するという求人がありました。ただ、こういうところは雇用先がどんな条件のか、先に吟味する必要があるとは思いますが。

ものづくりに興味があるなら、やりがいも感じられる仕事ではないかと思います。

 

WEBスクール

40代でも、スクールあがりで未経験でも可、なWEB関連の仕事はあることはありました。でも、サイト全体を構築するというよりは、仕事を分業にしていたり、ショップ運営をするといった求人が多かったです。

実は、WEBスクールは、私も失業者を対象にしたハロワ経由の講座で、数ヶ月通ったことがありますし、サーティファイとか言うなぞ?の協会の上級資格があります。でも、これを持っているからサイトがバリバリ作れるということはありません。

ただ、グラフィックのセンスがあれば、イラストレータフォトショップを使って、バナー作成の仕事をひたすらやる、という仕事もありますし、ネットショップに商品を登録する、という仕事もあります。

接客経験があれば、サイトの修正や商品登録をしながら、お客さん対応、商品出荷などもありえると思います。ただ、こういう職場は、経験上、ちょいとブラックな香りもします。

それでも、技術を獲得して、自分で在宅で仕事をすることも可能になり、一石二鳥という考えもあると思います。

 

さらに、上記の資格に、英語や中国語などの語学があれば、最強だと感じました。

 

40代主婦が派遣登録して、ついに東京で得られた仕事とは?

おまたせしました、本題です。

f:id:honeysuckle01:20170613210028j:plain

まず、一社めの派遣会社はさほど有名な会社ではありませんでしたが、コーディネータさんも営業さんもとても親切でした。

希望の職業は、PCに向かって黙々と簡単な英文チェックをするというもので、時給も希望より高く、人数も大量募集されていたので、ご縁があるかも?と簡単な気持ちで応募しました。

ところがこの仕事の会社、すごく変わっていて、応募から返事が来るまで時間がかかることも多く、仮に合格しても「明後日から来てくれ。だめなら仕方ないですね。」といわれるようなのです。

でも、一旦就業したら定着率がよいということで、やっぱり美味しい仕事なのだろうと思いエントリーしました。ただ、いつスタートするか分からないので、とりあえず、その派遣会社から勧められた、別の短期の仕事(1ヶ月間・某会社のキャンペーン集計と電話対応)をしました。

東京に通勤するということがどういうことが知りたかったからです。

 

通勤時間は予想以上にかかる!

考えが甘かったです。田園都市線半蔵門線は、遅延の連続。通常の時間+最低20分は見ておかなければなりません。ただでさえ、朝は時間が掛かるのに、さらに時間の予測がつきません。子どもにお弁当を持たせて家を出て、9時の始業は難しいと思いました。ただ、さすが都内、みなさん、1時間半の通勤時間はザラです。甘いことを言ってられません。

そして、短期の仕事が終わり、希望の美味しい仕事がはじまると思ったら、面接から二週間待って、落とされてしまいました!!(泣) 面接はとてもうまく行ったように思ったのですが・・・。

一ヶ月半かけて、計画的に行った仕事探しは失敗でした。

 

40代女の仕事はご縁の問題?!決まるときは決まる!

希望の仕事がNGと分かってからシュンとしていたら、一時間後、別の派遣会社から、電話が掛かってきました。私に合った仕事があるから、面接に行かないか?という話です。

しかも、仕事開始時間もラッシュのピーク後で、時給も好条件、英文事務未経験でもかまわないとのこと。先々は翻訳もして欲しいとのことで、たかがTOEIC700点台では全く、手も足もでませんから、スキルアップもしなければなりません。それでも、しり込みしないことにしました。

就業先は社会貢献度の高い大手企業で、やりがいもありそうです。

面接はスムーズで、30分後には採用の返事がもらえました。どん底から⇒いきなりばバラ色の、漫画みたいな一日でした。

f:id:honeysuckle01:20170613213407j:plain

いったいどうなっているんでしょう???

どうやら、これまでは若い方で語学のスキルも高かったそうですが、なかなか融通が利かないことがあったようなのです。「だから、英語はそこそこでOKなので、指示に従って仕事ができる人」と・・・ 

なんか、喜んでいいのか分からないし、おばさんを採用されても、そこに答えられるかどうかは謎なのですが、亀の甲より年の功でなんとか・・・がんばってみたいと思います。

 

40代の女性は、そろそろ子育ても少し落ち着く感じになる方も多いのではないでしょうか。今は求人はかなり多いので、チャンスもあると思います。

派遣の求人は高時給ですし、週2~3日程度の扶養内の仕事もあります。

パートで検討している人は、派遣のお仕事も考えてみられてはいかがでしょうか。