横浜暮らし1年生

田園都市線沿いに3年間暮らすことになりました。横浜を中心とした新しい生活になじめるかな?

田都から半蔵門線に入り表参道下車さんぽ

今日は三年ぶりに友達と再会してきました。f:id:honeysuckle01:20170513235616j:image

 

この毒舌っぷりは、京都にちじょう365の前ブログの方に書きましたが、汚名返上しておくと、それだけ人情味があるというか。

kyotoaruki.senmon-shop.com

表参道は雨、雨、雨。

せっかく綺麗な通りを闊歩してるのに、プラダのお店の前で、靴底が滑って、倒れた人がいました。友人は駆け寄り、「大丈夫ですか!!」と声をかけました。

その方は顔が見えませんでしたが、服装も完璧で、こけたことをものともせず、スッと立ち上がって、大丈夫です。ありがとうございます。と短く言って、立ち去りました。

私だったらもっとすってんころりんとなって、ブザマな姿になるだろうな。

 

「親切やなぁ、私もこういうとき声はかけるけどさ、貴女は、心からというか、すごく親身になってあげるよね。」

「私、そういう場面に遭遇することが、なんか知らんけど多いねん。」

 

そういえば、彼女と以前、買い物中に銀行のATMに立ち寄ったときに、ATMがうまく操作できないから代わりに暗証番号押して、という還暦くらいの女性がいました。

 

私は恐れ多くて、たじろいだのですが、友人が「いいですよ。」と、言って、暗証番号を聞いて操作をはじめました。

一通りの操作が終わり、その還暦くらいの女性が深々と頭を下げて立ち去ると、友人が一言。

「さっきのおばさん、残高が〇千万あったで…」

 

その女性は、見た目はとっても質素な感じで、どこにでもいるお母さん風の人でした。普通預金にあんな風に預けて、大丈夫だったのかしら。

 

 

「今になって思えば、ATMの操作が分からないのに急にお金を引き出したのは、もしかして…」

「いやいや、もしサギにあっても、あれだけ残高があったら、びくともしないって。」

「あるところには、たくさんあるんやなー。」

 

私達は、目の前のプラダの店がプラダとは気が付かず、車のショーでもやっているのかと一瞬誤解しました。

駐車場に停まっている車が、全部ピッカピカの高級車だったからです。

ほんっと、あるところにはたくさんお金があるんですね。

 

なんのおちもないですが、明日からまたマジメにまち歩き情報の記事入れます。