読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜暮らし1年生

田園都市線沿いに3年間暮らすことになりました。横浜を中心とした新しい生活になじめるかな?

二宮の海岸を歩き癒される午後

f:id:honeysuckle01:20170128135027j:plain

東海道線に乗っているときいつも降りて見たい景色だった。

昨年の今頃から、時々東海道線に乗っては、住宅や松林の間からこの景色がちらっと見え、いつかぜひ降りてみたいと思っていました。トップのバナーも、二宮の海岸の写真を使っています。

歌や映画にもなる湘南の海。ずっと関西に住んでいたので、そういう認識です。もっとも、湘南というのがどこからどこまでを指すのか、地元の人には微妙な感じになるようですね。

JR二宮駅で降りて、散歩しながら海岸まで行こうとしましたが、自動車道路に阻まれて、なかなかたどり着きません。

住宅地をすり抜けて、人がひとりくらい通れるような狭い階段を降り、バイパスの下をくぐってやっと着きました。

f:id:honeysuckle01:20170128134914j:plain

1月の終わりごろでしたが、いい天気で寒さはありません。


散策する人たち、海岸で遊ぶファミリー、のんびり座って日向ぼっこしている人、ここしばらくゆっくりと時間が流れる体験などなかなかったので、そこにいるだけで、ちょっと嬉しい。

地引網をやらせてくれるようなことを書いてありましたが、案内の人はいませんでした。

 石を拾ってみました。

海岸で波に洗われて、こんな風にまあるく角がありません。

 

私達もやさしい海風にさらされ、心もまあるく…

ゴマ塩おにぎりみたいですね。🍙 笑

f:id:honeysuckle01:20170128135748j:plain

 

このあと小田原から新幹線に乗って帰る予定だったので、残念ながら短時間で海をあとにしました。上を走るのは、西湘バイパス。

ここから住宅街へ上がる小道を戻りました。

f:id:honeysuckle01:20170128134820j:plain

上に上がると、松林が点在してとても雰囲気のあるまちなみです。

カトリック系の教会や幼稚園があり、環境の良さを感じます。

ただ、ちょっと気になったのは… 海抜の表示。

f:id:honeysuckle01:20170128140421j:plain

 私の京都の家も、活断層の真上にありますし、地震とは無縁のような熊本でもあんなことになって田舎の友達も被災したので、日本中、絶対安心という街なんてあるのかな、と思います。

この美しい海を眺めて暮らす生活に少し憧れます。


海と反対側の二宮の公共施設周辺は、若い夫婦がたくさん歩いていました。赤ちゃん連れも多く、今の日本ではなかなか珍しい光景です。移住を推進してる町なのですね。とても歩きやすく、住みやすかろうと思いました。

二宮の駅前に観光案内所がありましたが、菜の花畑を見たり、富士山の見える吾妻山にも機会があれば登ってみたいです。

(お土産が欲しかったのですが、観光案内所に置いてあった商品は、あまり綺麗じゃなかったのであきらめました。観光に力を入れるんだったら、珍しい特産品だけではなく、地元の野菜、果物、お菓子やパン屋さんの製品も納品してもらうなど、もう少し頑張ったらいいのに。ちょっと残念。)